学生による留学生のサポート活動:国際教育センター105、ISL(International Students Lounge)

本学の留学生数は約900名で、これは学生数との比率でいうと、全国でもトップクラスです。つまり、横浜国立大学は、日本人学生が留学生と交流するにはとても良い環境なのです。しかし、ただ大学の授業に出ているだけでは、留学生と日本人学生が話しをする機会は意外と少ないようです。そこで、留学生ともっと積極的に交流したいという方のために、学生によるサポート活動を二つ紹介したいと思います。いずれも、本学国際戦略推進機構長公認で、日本人学生と留学生が一緒に活動しており、随時学生スタッフを募集しています。

国際教育センター105(いちまるご)は、日本人との交流や会話を希望している留学生、またちょっとした質問や相談がある留学生などの対応をしています。平日11:30~14:30(長期休暇中を除く)国際教育センター2階ロビーで活動しています。

International Students Lounge(ISL:アイスル)も、主に理工系留学生のために同様の相談・支援活動を行っています。火・水・金曜日の12:10~12:50(長期休暇中を除く)ローソンの建物(N10-4)内で活動しています。

いずれもウェルカムパーティー等の交流イベントを企画・開催しています。学生なら誰でも参加できる気軽なものが多いので、まずはそういったイベントをのぞいてみるのもよいでしょう。

ページの先頭へ