1. 留学生センタートップ
  2. 留学生25名が横浜でHome Stayを体験しました!

留学生25名が横浜でHome Stayを体験しました!

[an error occurred while processing this directive]
ホストファミリーと「仲良し」記念写真

ホストファミリーと「仲良し」記念写真

初対面はお互いちょっとハズカシイ

初対面はお互いちょっとハズカシイ

それぞれの家族が留学生を迎えに来てくれます

それぞれの家族が留学生を迎えに来てくれます

 2016年6月25、26日の週末に、本学留学生25名が1泊2日のホームステイを体験しました。このプログラムは、日本での日常生活を体験し、日本人家族と交流する機会を本学留学生に提供するもので、ヒッポファミリークラブのご協力により10年以上続けています。毎回たいへん好評で、在学中に何度も参加する学生もいますし、ホストファミリーとの交流を帰国後も続けている学生もいます。
 参加した留学生たちは、各自いろいろな家庭に迎えられ、様々な体験をして帰ってきます。一緒に料理を作ったり、子供の行事に参加したり、ゆかたを着てみたり。日本の家庭での日常生活について、食事や入浴など事前に簡単なオリエンテーションを行いますが、まさに「百聞は一見に如かず」で、家族の一員として実際に体験してみると様々な気付きがあるようです。自国のやり方とは全く違って戸惑ったり、日ごろあまり接点のない小さな子供たちや高齢の方の様子に驚かされたり、じっくり話をする中で長年の疑問が解けたり、とそれぞれが刺激的な体験を持ち帰ってきます。今回参加した留学生たちからはこんな声が聞かれました。
「はじめて布団で寝ました」
「小学生の野球の試合を見に行きました」
「BBQをしてたくさんのひとと仲良くなりました」
「剣道の練習に一緒に参加しました」
「子供は、勉強だけでなく音楽など趣味にも熱中できてすばらしいと思った」
「日本人はあまり社交的でないと思っていたがそうではないと思った」
「日本人は夫婦の間でも『ありがとう』をよく言う」
「自分の国の文化についても関心を持っていろいろと聞いてくれて嬉しかった」
「相違点よりも人ってどこでも同じであるとわかった」
 それぞれが体験したことや感じたことを、周囲の人とぜひ話してみてほしいと思います。わずか二日間のわずかひと家族との交流ではありますが、日本や日本人について理解や考察を深める良いきっかけになればと考えています。次回のプログラム実施は冬を予定しています。キャンパスを飛び出して、新しい家族と出会ってみませんか。

(国際戦略推進機構 企画推進部門)


ページの先頭へ