日本学プロジェクト

日本学プロジェクト
*日本研究を目指す留学生のゼミ*
Japan Studies Project
*Seminar for international students pursuing research projects in Japan Studies*

目的と対象

日本語力や日本文化に対する理解を向上させながら、日本に関する研究を深めることを目的としています。日本語・日本文化研修プログラム生(国費)は、各自の日本に関する研究テーマに沿って調査を行い、修了論文の作成とポスター発表を行います。 なお、本ゼミは、日本語レベルJ400 以上で、日本に関する論文執筆をめざしている留学生も受講できます。

横浜国立大学の日本語日本文化研修プログラムについては、下記のサイトをご覧ください。

受講生の出身

タイ、インドネシア、韓国、中国、ミャンマー、シンガポール、モンゴル、ペルー、
ブルガリア、フランス、ベルギー、ロシア、スロベニア

修了論文のテーマ

・「日本の新しい男子に対する意識 -草食系男子-」 
   タナセッタサッブ・グンラチャ(タイ)
・「タイにおける日本の漫画とアニメの影響:アニメから知り、好きになった日本」
   プラットアックサラー・プーンサワット(タイ)
・「同音同訓漢字の分析-「思・想」「会・逢」の違い-」
   パメラ・ディアニタ・プトリ (インドネシア)
・「語学教育における教授法 -効果的なメソッドを探す-」
   デニツァ・グゴヴァ (ブルガリア)
・「韓国の日本語教科書の文化教育内容の考察~2009年改訂教育課程高等学校日本語Ⅰ教科書を中心に」
   金慧璘(キム・ヘイン)(韓国)
・「日本女性の社会進出」
   タヴァレス・アンドレア(フランス)
・「日本人女性の性役割の意識」
   キラ・バート(ベルギー)
・「日本の大河ドラマ」
   ズゴル・ヴァレンティナ(ハンガリー)
・「仏教信仰国:日本とミャンマ-」
   ニン・アイ・ルウィン(ミャンマー)
・「日本のボランティア活動~NPO団体~」
   金秀珍(キム・スジン)(韓国)
・「日本社会のハーフ」
   平尾(インドラーゴリ)さくら(イタリア)
・「女性のイメージについての日中比較--テレビドラマを中心に」
   李 依桐(中国)
・「韓国コンビニの方向性――日本の事例を参考として」(韓国)
   キム・ヒョンフ
・「女性の社会化による役割分担と男女平等――韓国と日本の男女を比べて」(韓国)
  キム・ジョウン
・「日露の時間観念 -ことわざ分析とアンケート調査からわかる特徴―」
   ボルトネフスカヤ・ユーリャ(ロシア)
・「日本の戦後ジャズ文化 -社会文化的アプローチによる検討―」
   ゴー・ヴィヴィアンイミン(シンガポール)
・「ブルガリアと日本の迷信の比較 -社会的な役割と個人への影響―」
   ラドスラヴォヴァ・ラディナ ラドスラヴォヴァ(ブルガリア)
・「日本とモンゴルの中小企業比較~ 変遷と社会的役割」
   ノミンゾル(モンゴル)
・「日本においての自閉症者の現状 -自閉症者への理解を深めることの重要性‐」
   タナカ ラウ アンドレア ナミエ(ペルー)
・「仏教のことわざに関する若者の意識 -アンケート調査の分析から-」
   モチルニク・ヴァネサ(スロベニア)
・「日本人と外国人の「茶道観」 ―アンケート調査の分析からー」
   オ・イェソン(韓国)
  ・「日中化粧品広告の比較」
   黄瑞(中国)
  ・「日本の『商店街』における理念の発展と活性化」
   袁薇薇(中国)
  ・「日本近代文学研究について」
   王思佳(中国)
  ・「オノマトペの中訳に関する一考察」
   宮倩(中国)
  ・「エストニア人の日本に対するイメージとステレオタイプ」
   ツヴェトコヴァ・オリガ(エストニア)
  ・「朝鮮学校」
   カラ ・フレッチャー(イギリス)
  ・「日本とカザフの動物に関する昔話」
   ジュマタエヴァ・ アジザ(カザフスタン)
  ・「翻訳家養成の日本語教育」
   シロイワ・ブルノ・ピッカルド(ブラジル)
  ・「モンゴル人の日本語学習者が直面する難易点と容易点」
   永田アヌジン(モンゴル)
 

ポスター発表の模様

担当

本ゼミは、小川誉子美(教授)長谷川健治(准教授)が共同で指導にあたっています。

 

教員からのメッセージ、教育・研究活動については、下記サイトをご覧ください。

ページの先頭へ