プログラム

国際教育センターでは、外国人留学生や日本人学生向けに次の教育プログラムを提供しています。

日本語研修コース
Preliminary Japanese Language Training

本学及び神奈川県とその近隣にある大学の大学院に進学する国費留学生と中国、韓国、東南アジア、中南米などから教育人間科学部に1年半留学する現職教員(教員研修留学生)に対して、半年間日本語の集中授業を行うコースです。履修する日本語コースのレベルは、来日時の日本語能力によって異なります。近年は英語で学位を取得できるコースもありますが、そのようなコースで学ぶ場合でも、研究活動を円滑に行う上で学内外の人的ネットワークを築く必要があり、そのためには、一定程度の日本語能力が求められます。その意味で、この日本語研修コースで日本語を集中的に学ぶことは留学生にとって非常に有益だと言えます。

日韓共同理工系学部留学生プログラム(秋学期開講)
The Japan-Korea Joint Science and Engineering Student Exchange Program

日韓共同理工系学部留学生コース(日韓プログラム)は、「日韓共同理工系学部留学生事業」に よる韓国からの国費留学生が、学部で学ぶために必要な日本語力を身につけるためのコー スです。このプログラムの学生は韓国で 6か月間日本語教育および専門科目の教育を受けた後、国際教育センターで半年間の予備教育を受けます。本コースでは、一般的な日本語の学習に加え、難易度の高い専門語彙の学習、留学生のための理工学入門、英語、理工学部の講義の聴講など、さまざまなカリキュラムを提供しています。

日本語・日本文化研修プログラム
Japanese Language and Culture Program

本プログラムは、国費外国人留学制度の一つとして実施される、1年間の研修プログラムです。自国で日本語や日本文化を専攻している学生が、日本の大学で日本語力や日本文化に対する理解を向上させながら、日本に関する研究を深めることを目的としています。本学では、日本語力を高めるとともに、留学生や日本人学生と日本学関連科目を学び、少人数のゼミで各自の研究テーマに沿って修了論文を作成します。また、「多言語コミュニケーション」などの科目、本学が実施する体験プログラムや体験旅行に参加し、日本を研究対象とした諸研究を行うのに必要な知識を深め、視野を広げます。

短期留学国際プログラム(JOYプログラム)
Junior Year Overseas at Yokohama National University (JOY) Program

海外の提携校からの交換留学生が日本語科目や英語による専門科目授業を履修するプログラムです。学生は本学の学部・大学院に所属し、人文学から理工系まで幅広い分野を網羅した英語によるカリキュラムから履修できます。初級から上級のレベルの日本語学習が可能となっており、世界各国から約60名が在籍しています。授業内外で現地の学生・団体等と交流する機会が豊富で、短期間でも密度の高い日本体験ができるプログラムです。在籍期間中、「国際的な視点から考える日本」というテーマについてグループプロジェクトに取り組み、学期末には学外に開かれた発表会で発信します。

世宗大学校日本交流プログラム
Inter-Faculty Supplementary Japanese Language Courses

韓国のソウルにある世宗大学校と横浜国立大学との国際交流協定に基づく、1年間の教育プログラムです。毎年、20名前後の世宗大学校の日本語日本文学科学生が4月に来日し2月まで日本に滞在しながら直接日本を体験します。彼らの専門である日本語学習に加え、日本語レベルに合わせさまざまな授業を履修します。本プログラムでは、彼らの日本語力の向上のみならず、本学の学生やボランティアの方たちとの交流を通じて、日本を理解した有為な人材を育成することを目的としています。

横浜国立大学日本語・日本文化プログラム
YNU Japanese Language and Culture Program

協定大学との学術交流協定に基づき運営される、1年または半年間の教育プログラムです。日本語および国際戦略推進機構開講の講義科目を履修し、単位互換することができます。国際的な役割と責任を認識し、互いの理解を深めることを目的としています。2017年4月時点では淡江大学および文藻外語大学の学生20名が台湾から参加しています。「国際理解:台湾の文化と社会」「日中比較文化論」「中日翻訳入門」などの特に中国語圏の学生を対象とした科目が開講されている他、YCCSの英語による講義も履修可能です。日本人チューターとの交流に加え、講義を通じて日本人学生、および各国からの留学生とも交流を深めることができます。中国語による生活相談も用意されています。

YOKOHAMA Creative-City Studies(YCCS)プログラム、ならびにグローバルPlusONE副専攻プログラム

横浜国立大学では、世界40以上の国・地域から集まる外国人留学生が次世代のグローバルビジネスのリーダーやファシリテイターとして活躍することを目指して、「異文化コミュニケーション」、「ITと現代科学」、「グローバルビジネスとマネージメント」等を英語により学ぶYOKOHAMA Creative-City Studies (YCCS) Programと呼ばれる次世代のグローバル人材育成コースがあります。
これらの授業科目の最大の魅力は、さまざまなグローバル企業における社員研修や企業研修・コンサルタントを担当している講師陣を迎えて、実社会で役立つ本格的なビジネス実践科目を外国人留学生や社員と一緒に学べるところにあります。これからの社会では、誰もが上司や部下、そして様々な協力者を持つ中で、外国人との関わりは必要不可欠な時代となります。これからの社会で活躍するには、文系・社会系・理工系を問わず、誰もが上司や部下そして様々な協力者を持つ中で、外国人との関わりは必要不可欠な時代となります。将来を先取りして、世界水準のグローバルビジネスやグローバル起業について勉強したい人、あるいは、学生のうちから世界各国にネットワークを広げたい人にとって、これらの授業はイチオシです!是非チャレンジしてみて下さい。

一般の学部・大学院の学生の皆さんは、これらの授業科目をGlobal PlusONE副専攻プログラムの授業科目として履修することができ、卒業時には、「Global Leader」あるいは「Global Facilitator」, 「Global Associate」, 「Global Assistant」などの称号が授与されるほか、学部生の場合は教養科目の卒業単位として、大学院生の場合は所属の学府・研究科が指定した科目などが卒業単位として認められます。

海外渡航安全・危機管理研修プログラム

国際教育センターでは、近々海外渡航を予定している方に「海外渡航安全・危機管理研修」を提供しています。このプログラムは、具体的な渡航予定先から将来の海外渡航にも役立てる観点から、海外渡航時における心身の健康衛生管理に始まり、海外の滞在・生活上の安全対策や防犯対策、そして、非常時に備えた危機管理について、座学、ワークショップ、オンライン教材を併用したハイブリッド型の学習形態により研修を提供(学部生は教養単位:1単位)しています。
また、初めての海外渡航をする方、あるいは、外国人との本格的な英語による異文化コミュニケーション能力やグローバルマインドセット等の向上を目指す人のための異文化適応体験研修(宿泊型)を年に2回開催(6月と12月)しています。朝から晩までシークレットミッションに挑みながら外国人留学生と一緒に丸2日間を英会話だけで過ごす異文化サバイバルキャンプ(学部生は教養単位:1単位)で。海外渡航前に、ぜひチャレンジしてください。
参加申込は、毎学期の開始月(4月と10月)に国際教育係(plus1(アットマークを記入して下さい)ynu.ac.jp)までお問合せください。

ページの先頭へ